スポーツ栄養学はアスリートのサポートにぴったり

スポーツ栄養学は、アスリートの食事を作るときにぴったりの資格です。栄養学は一般的にもよく知られていますが、スポーツ選手の奥さんがこの資格を取得して毎日料理を作っている、というお話も耳にします。スポーツ栄養学とは、人体のことはもちろん、それぞれの栄養と成分にどのような役割があるのか、そして摂取することでどんな効果を期待することができるのかを考えて作成された学問です。アスリートの奥さんなどは、スポーツ栄養学を学んで旦那さんの食事を作ってサポートしていると言います。

それだけ選手の身体に良いものを摂取できるようになる、とわかります。アスリートにとって、食事は体作りに欠かせないものです。たとえば、ポロボクサーには減量期間というものがありますが、その間は水しか飲まない、と断言する人がいるほど大切な期間だと言われています。少しずつ食事を減らして体調管理をしつつ、体重を減らしてその後はキープしなければいけません。

しかし、食事を一切にしないのは体力を奪われてしまうので、栄養管理をしっかりとされたカロリーは少ないけれど栄養たっぷりの食事を食べる必要があるそうです。そこで重要なのが、栄養学になります。プロボクサーの奥さんもスポーツ栄養学を学んでいる方が多く、減量中の旦那さんのサポートとして料理を提供しています。スポーツ栄養学は栄養をきちんと摂取しつつ、カロリーを抑えることが可能な調理方法も学べるので安心して食べられるということです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.