スポーツ栄養学を理解しておく

通常栄養学とは、人間の身体に影響を及ぼす学問です。栄養学と言われている以上は、人間の健康を維持するためのものといえます。そのため、バランスの良い食事などが提案されているでしょう。これに対して、スポーツ栄養学とは、スポーツに特化した栄養に関する勉強になります。

例えばスポーツ選手が最大限身体能力を発揮するためにはどのような栄養が必要なのかを考えていきます。実はこの考え方は、昔と今ではずいぶん異なるのが特徴です。一昔前は、とにかくカロリーのあるものや血が滴るような肉を食べることが良いとされていました。そのほうが、強くなり筋肉がつきそうだからです。

しかし現在は、そのような食事をしてしまうと糖尿病になる恐れがあることが知られており、現代のスポーツをする人はそのような食事はしていません。スポーツ栄養学から考える栄養とは、1つはタンパク質になります。タンパク質は、プロテインなどと呼ばれており動物性のものと植物性のものがありますが、動物性のものの方が即効性があると言われています。しかし、体質的に動物性のものだとアレルギーが出してしまう人もいるため、その場合には植物性のたんぱく質をとることになるでしょう。

動物性のものは、鶏のささみなどがこれに該当するわけです。これに対して植物性のたんぱく質とは、大豆などが一般的になります。このように、スポーツ栄養学も細かく分けるといくつかの分類ができるため勉強するときはその点もよく理解しておくと良いかもしれません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.