スポーツ栄養学を学べる大学

人生100年時代の今、人々の健康を食の面から支える栄養学は注目を集めています。健康と食生活は密接な関係がありますが、その中でも人気が高まっているのがスポーツ栄養学です。アスリートやスポーツをする人の疲労回復や筋肉増強などを助けたり、高いパフォーマンスを出せる食事方法を学びます。では、実際にスポーツ栄養学を学ぶときはどんなことを勉強するのでしょうか。

たとえば女子栄養大学では、栄養学部の実践栄養学科や栄養科学専攻でスポーツ栄養学のコースを設置しています。実践栄養学科は管理栄養士の国家試験受験資格取得を前提に、独自の科目を設定。管理栄養士として活躍する場を考え、臨床栄養や福祉栄養などのほか、スポーツ栄養やフードサービスマネジメントtなど6分野を設けています。スポーツ栄養では管理栄養学の知識をもとに、スポーツと栄養の関わりや実践までを習得できます。

たとえばエネルギーや栄養素の摂取や水分補給方法、トップアスリートまでを視野に入れた栄養サポートについても学習します。実際にアスリートに食事を提供するなど、実践の場を体験することもあります。栄養科学専攻の健康スポーツ栄養コースでは、栄養士教育を基盤として「診療検査学」「運動の科学」などに関する知識と技術を勉強します。栄養士としても運動と食事の指導を融合させ、健康増進を多面的にサポートする方法を学ぶことができるのです。

このコースではスポーツ栄養実践指導者の資格取得を目指すことができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.