スポーツ栄養学と栄養学の違いとは

スポーツ栄養学は栄養学と似ていますが、アスリートやスポーツをする人を対象に、体力のアップと維持やパフォーマンスアップの為にある学問だといえます。栄養学は食品に含まれる栄養素であったり、摂取することでどのような働きをするのかを調べたり、体系的にまとめる学問です。ただ、スポーツ栄養学も栄養学に基づく部分が大きいですから、アスリートなどのスポーツに関する人に特化した栄養学とも表現できます。スポーツ栄養学では、アスリートがその時に何を必要とするかを判断して、体に必要な栄養素をアドバイスすることが可能です。

例えば練習期間中の疲労回復や、競技本番前のパフォーマンスを引き出す食事、リハビリから復帰した後に必要な栄養などです。スポーツ栄養学は今注目を集めている学問の1つで、栄養管理の重要性が浸透しているプロスポーツでは先行して取り入れられています。スポーツ栄養士をチームにつけたり、試合に帯同させるといったケースも増えており、プロアスリートの間で栄養士による栄養管理はもはや当たり前です。栄養学はあくまでも一般的な栄養摂取に関する部分に留まるので、プロアスリートにとっては不十分なところがあります。

実際にスポーツ栄養学に基づく食事や栄養摂取によって、試合で好成績を残したというケースは珍しくないです。摂取する栄養1つで本来のパフォーマンスが発揮できたり、逆に実力が出なくなることもあるほどアスリートの体は繊細なので、スポーツに特化した栄養学の重要性は高いです。スポーツ栄養学のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.